メインイメージ画像

3種類の保険に分類

不測の事態に備えて保険に入ろうとは思ったものの、保険の種類が膨大でどの保険に加入したらよいか悩んでしまう人もいるかと思います。保険には大きく分けて3つあり、死亡保障、医療保障、老後保障に分かれます。死亡保障は万が一のことが起きた時に残された家族の生活の費用や養育の費用に使われるお金です。これは子供が独立をするまでは保障が大きく必要になりますが、自立してからはそれほど多額の保障はなくてもよいです。医療保障は病気とかケガで手術したり入院治療が必要な時の費用に対する保障です。病気やケガの場合はその治療にかかるお金も多額になりますし、その前後の通院にお金もかかります。

イメージ画像

このような費用を保障する機能が医療保障になります。老後保障は退職後の老後の生活費用などや介護が必要になった際の介護費用にかかる保障です。高齢化がどんどん進み介護をする人間もいなく施設に入る際にも膨大な費用がかかります。老後を安心して過ごすために重要な保険です。これらの保険でまかなうことが出来ない所を特約という形で付けることが出来ます。

保険と言ってもその種類は様々あります。

組み合わせまで考慮すると非常に多くの数があります。それぞれの保険、保障についての内容を把握することが賢い保険選びの推奨法です。生保や損保ひとつをとってみても、そこにはいろんな種類があります。現在のご自身の生活の仕方、家族構成、どんな保障をつけるかにより、最適な保険の中身が異なってくるのです。全ての保険を理解する必要は無いですが、基本をおさえ理にかなった保険選びをしたいですね。

年末調整によって支払った保険料を取り戻す機会が大きくなりました。2012年以降に新規に保険に入った方が対象となって保険料控除額の限度額が引き上げられました。現在加入している生保や医療保険のチェックや新たに加入を考えている人には必要なものとなります。控除額が大きくなる分安価に申し込めると考える事が出来るのです。サラリーマンの場合年末調整を会社でやって税額については意識が無くなりがちですがちゃんと年末調整をして損がないようにした方がいいでしょう。

更新情報